グレタさんの国連での環境に対する怒りの訴えのニュースを見て、一人の大人として自分が恥ずかしい思いでした。

それは、16才の子供をここまで怒らせた事、それと16才の子供がここまで怒ってるのに、自分は怒りを表面に出してこなかった。
自分も含めてこの世の中の大人は16才の子供を怒らせて、それこそ三原順子さんじゃないですけど『恥を知りなさい!』と言う思いですね。

同時に『僕たちが出来る事をマジでやんなきゃいけないな』と思いました。

個人的な事においては電気の使用を最小限にする。
ビニール使用を減らす事。

ただビニール袋おいては、抜本的な改革が必要だと思います。
『お前何勝手に言ってんだ!』とお叱りを受けるかもしれませんが、お許しください。

極端な話、ビニール袋製造を一斉禁止する事ぐらいの思いきった改革が必要だと思います。
この地球にプラスでないものがあるなら、中途半端な決まりごとでは何も改善されません。
その製造、使用をなくす、それぐらいのことをしなければ変化はないでしょう。

不思議に思うのですが。。
来月から消費税10%ですよね。
それでテレビでは『店内で食べれば10%、お持ち帰りだと8%』などの増税後の対策特集が連日放送されています。

このルールだと恐らく、人によるかも知れませんが、お持ち帰りする人が必然的に増えると思います。
となると何が必要?
ビニール袋です。

マイ袋をお持ちな方もいらっしゃると思います。
ですが、やはりお店のビニール袋を使用する方が多いと感じます。
今、環境のためにビニール袋の使用を減らそう!って言っているのに、このような面倒なルールを作って、ビニール袋使用が増える懸念がある手法を行おうとしている。

変な言い方になりますが、環境の事を考えればお持ち帰りが10%で店内は8%ですよ!

このルールは世界の環境より、目の前の店内の環境が大事なんですね。

つまり目先の事しか考えていない非常に残念な制作だと思います。

グレタさんがこの日本の現状を知ったら、さぞお怒りになるでしょうね。

僕たちも本当に怒らなければならないと思いますよ。

いつまでも優しいだけの日本人ではいけないと思います。

それは誰のためと言えば、可愛い未来の子供たちのためですね。

子供が怒る前に大人が怒りましょう!

ただ、今この事で賛否両論が出ています。
グレタさんに対しての否定的な意見も出ています。

ただ今回の彼女の行動によって、環境問題にみんなが真摯に考えそして行動するようになれば、彼女に対する賛否両論は別にして、それはそれで良いことだとも思います。

要は彼女どうこうというより、私たちが今後環境問題に対して
どうするべきかの方が大事だと思いますね。

矢野浩二

BACK
NEXT