批判、糾弾。
結構です。
でも、批判、糾弾ばかりの今の風潮、
見てて思います。
これ被災者のためになってるのかな?
疑問を感じる。

批判、糾弾は必要です。
ただ、自己反省しているのなら、ある程度で注目すべき事は、被災者復興に向けていかないと。
県や市が毎日、被災者のためにどれだけの対策をとって、どれだけの成果が日一日と行われているのか?
そこに関心を持たなければ、被災者のためにならないと思う。
ワイドショーなどで、一点に向けて批判が集中している現状。
被災者はこの現状を喜んでいるんでしょうか?
喜ぶはずはないですね。

それよりも,被災者復興の為に、知事を初め、県や市に良い意味でのプレッシャーを与え続け、復興活動を迅速に進める。
そういうプレッシャーを与える役目が本来マスコミ、メディアには求められているのではないでしょうか。
公用車や私用車どうこう言ってる場合ではないでしょう。

極端な言い方になりますが今知事の首をとっても、それは逆に復興に向けての行動が大幅に遅れる。
被災者のために何のメリットもないでしょう。
それよりも、被災者のために森田知事には責任取った行動を日々行ってもらいたい。
日々の陣頭指揮は当然ですが、可能であれば毎日被災者復興に向けての報告の記者会見を行ってもらいたい。
そして、マスコミもそういう部分を詳細に国民に伝えてもらいたい。

流行りの言葉になりますが、そういう一連の動きが「ワンチーム」ではないでしょうか。
被災者ファーストの為のワンチームに日本がならなければ、被災者の方々は喜ばれないでしょう。

私は今、幸い安心に生活をさせてもらってます。
しかし、日本はこれからもどこかで自然災害が必ず起きます。

私もいつ被災者側になるかわかりません。
その時に、私なら世間、そしてマスコミ、メディアには犯人探しの糾弾・批判だけはやめて頂きたい。

ただただ、被災者の迅速な復興だけを考えた、ワンチームとしての批判、意見を発して頂きたい。

それだけを願います。

なぜなら、それが被災者のためだから。

BACK
NEXT