コロナ禍で我慢の日が続いています。

僕も、ドラマ«警視庁 捜査一課長»が撮影中止になり、現在もいつ再開するか決まっていません。

辛い中ではありますが、『今できる事』という事を考えて毎日すごしてます。

僕は幸いにも、中国の皆さんに応援して頂いてるおかげで、ネットを通してファンの皆さんと繋がることができる。

時間はてんこ盛りにあります(笑)

2ヶ月前に開設した動画サイト《快手》を通して、生放送を不定期で始めたりしています。

フォロワーは現在170万以上。

日に日にフォロワーは増加していっています。

コロナが起きる前は、時間と都合が合わず、あまりファンのみなさんとの交流が出来なかったので、今のこの時期は沢山のファンの人達と交流できる“最高の機会”だと感じています。

この大変な中、みんなと楽しさを共有できる幸せもあります。

あと一つ、複雑な思いがある。

普段外で撮影している生活の僕と平日学校に通っている娘が、現在、毎日ずっと一緒に居れる。

娘にピアノを教えてもらったり、僕が絵を描いてる横で娘がワイワイ騒いだり、一緒に相撲ごっこで盛り上がったり。。。

大した事してないんだけど、幸せな時間を過ごさせてもらってる。

恐らくコロナによる緊急事態宣言がなければ、こんな幸せな時間も過ごせなかったでしょう。

でも、このようなみんなが大変の中、“幸せ”を感じてはダメなんですかね?

会いたくても、子供や家族にも会えない人もいるだろう。

それにコロナで不幸にも亡くなられた方が多数いる中で、顰蹙を買うかもしれません。

でも、幸せに感じているからこそ、それを大切に幸せを享受したいと僕は思います。

今の世の中は、日常の当たり前の事が当たり前ではないと思わなければいけない時なんでしょうね。

あらゆる障害や規制を全て受け止めて、それを逆に生きがいにしていくべき時。

ゴールデンウィーク。

例年なら、家族で温泉旅行や、いろんなスケジュールを組んでますけど。

今年のゴールデンウィークはほぼ自宅でいきます。

創造して、享受して、幸福を感じよう。

そして全ての人達が、健康でいられるよう、そう節に願います。

 

矢野浩二

 

BACK
NEXT