この記事『海外でもう活躍してる意外な日本人5選』に書かれている方とは自分は何の関係もないのですが、一応記事に名前が載っていますので、ちょっと一言言わせてももらいます。

先ず、Amebaニュース様、自分みたいなものを評価頂いて感謝です。

ありがとうございます!

 

そして、本題に入ります。

前回も、中国進出を狙う芸能人の話はしましたが、今回も「中国だったり。。」と言う中国市場進出の言葉、思いの程がこの言葉一つで理解できます。

 

先ず「中国だったり。。」と言うこの「だったり」

当然、中国市場重視でないことがわかります。

「例えば、中国など。。」的な捉え方。

その後の「その先はナンバー1のアメリカも攻めていきたい」とアメリカ市場重視を言ってる。

 

思うんですが基本、人それぞれの価値観は違いますが、

海外進出と言えば、やれアメリカやヨーロッパばかり。特にアメリカですね。

野球でも、芸能でもそうですが、誰がアメリカがNo. 1と決めたのかな?

「とかくアメリカNo. 1」思考はそろそろいいんじゃないかなと思う。

近所のアジアの国にこれだけ、市場的に面白い魅力のある国はあるのに。

中国、タイ、インド、まだまだあります。

なぜ、なんでもアメリカなんでしょう?

人の上げ足をとるつもりはないけど、彼の言葉の中には、アメリカには憧れの目で、中国など他のアジアは見下げて見てる感が否めない。

リスペクトがないかな。

その感覚を改善しない以上、海外進出は難しいでしょうね。

いつまでも、アメリカを憧れで見てちゃ、アメリカでも成功するはずありません。

その国は尊敬しても、その国を憧れちゃいけない。

世界で勝負するための鉄則です。

憧れなら「じゃぁ、旅行すれば」って感じです。

分かる人が分かってもらえれば、それで十分。

今後、海外目指す方、決して憧れないでね!

 

 

 

 

矢野浩二

 

BACK
NEXT