先日、週刊アサヒ芸能の連載対談でテリー伊藤さんと対談をしました。

僕のこの50年の歴史をざっと1時間で話した感じです。

凝縮すれば、3ヶ月分の話の内容量かもしれませんね(笑)

対談は楽しかったです。

テリーさんが面白いところにツッコミをかけてくるので、楽しかった。

「僕にとって日本はアウェー、中国はホームグラウンド」発言には真剣な眼差しで聞いてもらえました。

最後に、突然「日本にとって中国の何を学ぶべき?」という問いに、なかなか答えが出ませんでしたね。結局何言ったのかも覚えてないですが。。。

学ぶべきものがないのかな?

いや、違う。

あまり、「中国はこうしてるんだから、日本もこうしようよ」みたいな、いわゆる押し付けみたいなことは言いたくないのかもね。

それよりも、こうある事実を見て、相手がどう感じるかでいいのではと思う。

 

話は変わって、最近コロナ感染者に対しての誹謗中傷が酷いですね。

そもそもなんだけど、もっと根本的な注意喚起をしてないのと、一部の人達が警戒感が薄いという落ち度もあるでしょうね。

あれ、自分が押し付けがましい事言ってますね(笑)

でも、事実として見ればいいかな。

僕も含めて、全世界の大人たちが見習わなきゃいけないのは、子供たちだと思う。

学校では給食時間、誰一人喋ることなく黙々食事をしている。

食後にマスクを着用すれば会話OK。

基本のコロナ対策マニュアルがここにある。

でも、僕ら大人たちは外で「大丈夫だろう」と気を許して食事をしている。

大丈夫かもしれない。

でも100%大丈夫の保証はない。

もちろん、全ての大人ではありません。

お店で食事、友達と少人数での飲み会、僕はどんどんしていいと思います。

ただ、やるなら小学生が給食を食べてるようにしましょう、って事じゃないかな。

それをやってないから、どんどん感染が広がる。

『食べる時は黙ろう!話すときはマスク!』

それだけのことをやっていれば、ここまで広がらないかも。

本当にグダグタしてると、この国も大変なことになる。

立場ある人達が、大鉈を振るうぐらいのメッセージをしないと。

あれ、これも誹謗中傷?違うか。。(笑)

矢野浩二

 

BACK
NEXT